FC2ブログ

記事一覧

Karate Super Channel 小西雅仁インタビュー

Karate

Super Channel

vol.11


三年連続全日本制覇!

正道会館

小西雅仁選手インタビュー!!!


 9月6日第21回全日本大会で三年連続の優勝を果たした、小西雅仁選手に話を伺いました。



正道会館総本部で少年部の指導に当たる小西雅仁選手



普通に見えて実は無茶苦茶強い小西雅仁選手


―決勝戦はいかがでしたか。


予定通り、うまく行きました・・・・・・・・


―決勝戦やはり、激戦の疲れはでましたか。

ん・・・・・・。しんどかったですけど、

まぁ、大丈夫でした・・・・・。


―対戦相手の石橋選手はどうだったですか。


決勝戦の本戦では、体力があまっている感じだったですね。



でも、まぁ、本戦3分、延長2分、再延長2分という長さで考えると、今回はいつもほどではないというか。



石橋選手は就職して稽古に時間がとれなかったという部分はあるんじゃないでしょうか。



総本部にて少年部の生徒たちと 


―再延長戦で膝蹴りが決まりましたが。


延長戦でボディに効いているのが分かったので、再延長まで行けば、必ず膝蹴りが当たると思っていました。

ボディ、インロー、膝が効いていると分かっていました。


―長田悠希選手との試合で一度判定負けしかけましたが。


あ、あれはもうびっくりしました(笑)!


てごたえ的には僕、勝っていたんで。



総本部にて少年部の生徒たちと 


―今大会で一番印象に残った試合は。


準決勝戦の谷川聖哉ですかね。

谷川はまだ粗削りですけど、これから強くなるでしょうね。

今回の谷川は心と体のバランスが取れてなかったですよ。

回りの注目を浴びすぎて。プレッシャーがかかっていたんでしょうね。



「よく勝とう!」という意識があったのか、谷川にしてはまごつきましたね。


「前に出なきゃ」という意識が相手を頭や胸で押してしまう反則につながったと思います。



今回は勢いが裏目にでたか? 世界の若武者谷川聖哉


―小西選手は今回、沢山、反則攻撃を受けていましたが。


ま、試合ですから、仕方がないですね。

ヨアンのパンチは効きましたね。

ヨアンの骨格とか筋量は日本人選手とはやはり異質です。


―試合途中でコンタクトレンズ、入れなおしていましたね。


はい、嫁がマットのそばで、鏡を出してくれまして。

コンタクト入れなおしたんですが、試合が終わってから、

「どうも、目がゴロゴロするなぁ」

と思ったら、コンタクトレンズを裏表逆さまに入れてまして・・・・・(笑)


―奥さん、可愛い系美人ですよね。


はい、もうじき、可愛い長男も生まれます。


―奥さんに感謝していますか。


とても励みにしています。



コンタクトレンズを裏表反対にはめてしまった・・・・・

やってしもうた・・・・・・・(;一_一)


―本題にもどって、今大会はどうだったですか。


負けない予定でした。

今年は、安定した試合を冷静に行うつもりであったんですが、二回戦の判定でびっくりして、

「これは積極的に審判に旗を揚げてもらう試合をしなければダメだ」

「安心したらダメだ」

と意識が変わりました。


試合の感覚に関しては、去年、重量級で優勝していますから、無差別級とは、感覚的にはそんなに変わらないですね。

過去の試合では、土井一央に勝って優勝した時が思い出深いですね。



このモンスターマン土井にすら、小西は勝って優勝したことがある


―来年はどうですか。


来年は今年より手ごわいと思います。



教育性の高い正道空手少年部


―総本部では少年部の指導もされていますが。


子供たちの気持ちの浮き沈みに注意して指導しています。


 子供たちには、個人差もあるし、大会に出るか、出ないかという、こともあります。


目標、ラインをどこに設定しているか、ということもあります。


指導員としては、週に二回稽古に参加してもらえると指導しやすいですね。





―そもそも、小西選手が、正道空手を始めたのはなぜですか。


大阪芸術大学に入学して、柔道部の体験入部しようと思ったら、柔道部のドアが締まってて、ドアの前に立っていたら、隣の正道空手部の先輩が、

「あ、うちの体験ですね?」って言って、引っ張っていかれて、今に至ります。


上村康太指導員と小西雅仁選手。


上村康太指導員も全日本大会で入賞



小西雅仁選手と中田はじめ貝塚支部長


―小西選手から見て正道会館ってどんなところですか。


面白い人ばかりのところ(笑)。



―正道空手の面白さは。


「形にとらわれないスタイル」だと思いますね。


―正道空手をやっていて一番楽しい時は。


自分の技術が向上していることに実感が持てる時です。


―今、正道会館の職員をされていますが。


月曜日から土曜日まで指導に回っています。

指導をしっかりやって行きたいですね。


―後進の指導をされていますか。


僕が現役選手の間は、指導というより、稽古仲間になってしまいますね。僕も自分自身の体が良くて、試合に出ることで成長している実感がある間は試合に出ます。




寮生たちに対しては、たくましく、強く、芯のある人間になってもらいたいと思います。


―ずばり、小西選手の将来の夢は。


一流の指導者になることです。




チャンプ小西雅仁指導員たちが直接教える、

正道会館総本部少年部

JR環状線 「天満駅」下車すぐ!

06(6357)1654



頑張れ! Karate Kids!

僕らの活躍の舞台がここにある!



Karate

Super Channel

TM&SM

©Takeru Fudo

写真 文 不動武


大変お世話になっております。

会場や道場で見かけたらどうか仲良くしてやって下さい。

空手の世界が大好きです。

空手で頑張る皆さんの楽しく元気な姿をお伝えしたいと、

このブログを始めました。

読んで頂けると物凄くうれしいです。

よろしくお願い申し上げます。<m(__)m>


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dynamite150t

Author:dynamite150t
FC2ブログへようこそ!