FC2ブログ

記事一覧

Shimada Super Channel vol.9 基本中の基本! そして個性や!!!

Shimada

Super Channel vol.9



ボクシング

島田信行の

KO説法!





 今回の島田信行先生の談話は核心に触れていますね!

こんな話を私がお伝えして良いのかどうかと思うほどの島田先生の黄金律!(不動武)

戦う為の基本テクニックには

長い歴史に基づいた裏付けがあるんや!




 よう個性を伸ばすというけど勘違いしてる選手&指導者が多い!
いくら個性といえども基本的なバランスは皆同じや!

そのバランスを知らずに先に個性に走ってる人が多い


 これは「身体に自然なバランスを明確に知らん証拠」やな!
あくまでも名選手はこの基本的なバランスを守った上で個性を発揮しとる。

俺が「この選手は伸びそうやなぁ」と言う時は、この部分を見ての話しであってええ加減に言うとる訳やない。




 例えばジャブ1つをとっても細かく分けたら6種類のジャブがある。

大まかには3種類、そこを選手任せで無意識にやらせるんやなく、トレーナ―がその選手に一番合うジャブを教えてるかどうかが大事なポイント!







 そういう基本中の基本を再度見直して明確にしたほうがええのは言うまでもない!


よく1Rの立ち上がりを見ただけで「この子いいですねぇ!」と関係者に言う時があるけどその時に「どこが一番いいですか?」と聞いてくる指導者はGOOD!でもただ単に「そうやねん!ええやろ?」と漠然とした言い方する人は実は解ってない証拠。俺はベテランになっても改めて見直しが必要やないかといつも思うとる。

ここを理解できん奴は当然質問もないからそれ以上の会話が成り立たん。
結局この着眼点が最大のポイントであってそういう見る目を養うことが一番大事やと思う!
当然見る目があるからこそ真似ることできるし質問もできる。

見る目がないから真似できんし質問もない。




ようは勉強できん奴は勉強の仕方がわからん、勉強できる奴は勉強の仕方がわかってる。この違いは後々大きく開いていく!
俺は新しい事にチャレンジするより今の練習を再度見直してみるほうが重要やないかと思う。
指導者だけやなく選手自身も再度考え直して正しく価値のある練習にするべきやな!(^o^)~~





島田信行 略歴

 ボクシングの世界においては、辰吉丈一郎を始め、数々のチャンピオンを育て、カリスマトレーナーと呼ばれる。

日本ボクシング界において、優れたトレーナーに贈られる最高の栄誉「エディ・タウンゼント賞」にも輝いた。


 K-1の世界においては、角田信朗、武蔵、富平辰文、小比類巻貴之、村浜武洋らを指導する。


 その極めて実戦的で合理的な教育指導理論は混迷を深める教育界でも非常に評価が高く、不良少年の指導などに関して学校、その他、教育機関から講演の依頼も数多く、教育現場、保護者から、実際の教育指導に関する依頼も多く寄せられている。


 現在は、グリーンツダジムのチーフアドバイザーの役職を中心として、日本唯一のフリーランストレーナーとして活躍している。





取材協力

グリーンツダジム(本石昌也会長)

大阪市営地下鉄「新深江」下車徒歩すぐ。

TEL06(6981)2117



Shimada Super Channel

Karate Super Channel

©2015&TM&SM Takeru Fudo

写真 文章 不動武




編集後記


 私が取材し続けている島田信行先生のテクニック。

空手の取材が長い私が見ると、島田先生の指導にはある意味、「超瞬間一本組手」とも言えます。

どの姿勢でどのバランスで、どのウエイトシフトでパンチを打つか。

 ワンステップ動けないことが命とり、相手の遅れたワンステップを打ち抜く技術、また自分がワンステップ動けない時にどうやって身を守るか、そのままで相手を打てない時に足の位置を僅かに変えることで至近距離の相手を打ち抜くKOパンチ。

格闘技家の方が見たら、泣いて喜びそうな技術の数々を私は取材の度に見ています。

そりゃ、確かに全国のボクサーが島田先生に教えを請いに来るはずです。(不動武)




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dynamite150t

Author:dynamite150t
FC2ブログへようこそ!