Karate Super Channel 空手塾主催 関西ジュニア交流空手道選手権

0 -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


空手塾主催 第13回
関西ジュニア交流空手道選手権大会

平成27年12月6日
大阪府立体育会館メインアリーナ
主催/日本武道空手道連盟 空手塾


◎塾 看板

平成27年12月6日、実戦空手の雄、田前純三塾長師範率いる空手塾主催の関西ジュニア交流空手道選手権大会が開催された。
本大会には参加者が実に454名。
参加団体は、極真会館などの有名団体に起源をもつ様々な団体。
それぞれの道場主の創意工夫をもって追求された技で、ジュニア達が技と力と魂を競った。

◎ 塾1 田前

主催者である空手塾の田前純三塾長師範
「偶然の軽微な反則は取らず、あくまで組手の強さで判定する」
と大会の姿勢を発表。
柔軟な物腰で知られる田前塾長だが、戦いに対する厳しさは決して揺るがせにしない。

◎塾2

 田前純三師範が454名の各団体のジュニアの前で挨拶
田前師範はその強烈な左の下突きを武器に正道空手の戦士としても大活躍した。

◎塾3

感謝状を贈る。
組手試合に先立ち大会の功労者に感謝状を授与。


◎塾4 (2)

大会を支える空手家 空研塾の西田真司代表と山口千怜選手
西田代表は米国のサバキチャレンジや佐藤塾、様々な大会で活躍する選手歴の長い有名空手家。
山口千怜選手もまた女子フルコンタクトトップの強さ。
円形のステップワークからラッシュされる技は強烈です。

◎塾 医療チーム
大会救護員
試合場での負傷はたから鍼灸整骨院の水野良信先生たちがゴッドハンドで治療にあたります。
たから鍼灸整骨院は地下鉄大国町駅近くで開業するスポーツ整体の権威。

◎塾5
河野由良(空研塾)の美しい右上段回し蹴り。
子供達の技能は大人の想像を超えている。

塾6
ベテラン空手家たちが子供の試合を見守る。
試合の主審を務める大和会館の山本館長。


◎塾7
関西の大会を中心に奮闘する餅田道場
餅田師範と入賞した西垣君。
大会の途中でもどんどん入賞者が確定する。

◎塾8
◎ 塾9

勇気と本能の開花!
子供達の熱戦が繰り広げられた。
闘志とは植えつけられるものではない、湧き上がるものである。


◎ 塾10 優勝決定戦 (2)
◎ 塾10 優勝決定戦 (2)
決勝の時、ついに来る!
赤白試合場両サイドに分かれて、決勝戦を迎える!

◎ 塾11
年中の部 決勝戦
平木亮宇(白蓮・池田)が延長戦で決勝戦を征する。



◎ 塾13

上級 小学1年生 女子 決勝
ロクカルゲ真桜里タッタサリー(餅田道場)の右の上段回し蹴りが顔面を掠める。
タッタサリーの動きは実にリズミカルかつ変則的だ。

◎ 塾15
上級 小学3年生女子 決勝
宮崎沙菜(餅田道場)と安藤杏華(飛心会))の決勝戦。
下段蹴りと下突きの応酬でほぼ互角と見えた。
判定3対0で安藤の優勝。

◎ 塾16

小学4年生上級女子 決勝
静田凜(一拳会)と中屋真緒(新極真・湾岸)の一戦
これもまたほぼ互角で静田が優勝。

塾17
闘争即菩提
本能を自覚し、湧き上がる闘争心。そして戦いの中にもある道徳、礼。
大人が教えることと、経験で学ぶことがある。
戦いの中に真実がある。

◎ 塾18
上級小学2年生 男子 決勝
田形仁千嘉(空研塾)と松原成到(極真・桑島)の決勝戦。本戦で田形が優勝を決める。

塾20
上級小学6年生男子軽量級 決勝
因幡知哉(空研塾)と平田大翼(飛心会)の決勝戦。
今大会で空手塾、空研塾、飛心会の活躍が目立つ。
それぞれが様々な大会で実績を残している。
因幡が優勝。

塾22
上級 中学一年生 男子軽量級 決勝
青野遼太郎(松岡道場)の蹴りを冷静に伺う藤井大地(顕正会館)。
判定で藤井の勝利。
度胸とは向こう見ずのことではない。冷静の極みのことである。

塾23

上級 小学5年生女子 決勝
根本美優(龍壱道場)と木村一千花(飛心会)の決勝戦。
スピードに乗った根本の上段蹴りが勝負を決めた。

塾 ☆417-420
小学5年生男子重量級 決勝
辻隼人(空研塾)と刀禰篤丈(白蓮・池田)の決勝戦。
刀禰が延長戦で判定勝ちを納める。

塾 金森
上級 中学1.2年生男子中重量級
今大会、二つのクラスにエントリーした金森悠也(金森道場)
金森は強豪だ。対するは深谷海斗(極真・桑島)
、金森が強い下突きを活かして優勝を飾った。

塾 写真 ① 中田 強敵金森
本大会のファイナル
強豪激突
上級 中学2・3年生 男子重量級 決勝戦
金森悠也(金森道場)対中田裕陽(新極真・湾岸)


塾 写真 中田ベストショット
金森悠也(金森道場)対中田裕陽(新極真・湾岸
まさに好勝負だった。
将来を全国レベルで期待させる二人。
中田の上段回し蹴りが勝敗を分けた。

◎写真 塾27
餅田道場のメンバー
極真長谷場道場、空手塾などで、組手試合、型試合、活躍を見せる餅田道場。
今回も餅田道場は多くの入賞者を輩出した。
「組手も形も総て頑張りたい」
と餅田師範

◎塾25
大会を終えて総評する田前純三塾長師範。
表から裏の作業、後始末まで一日中走り回る田前師範。
この率先行動主義こそ空手塾塾長の魅力である。

集合写真
入賞者 集合写真

これからの空手塾の主な行事予定

第13回
奈良ジュニア交流空手道選手権大会
平成28年3月27日(日) 奈良市中央第二武道場

第7回伝統型試合
平成28年10月10日(月)開催予定
大阪市中央体育館(朝潮橋)


Karate Super Channe 
By Takeru Fudo
<strong


不動武 その1

不動武と申します。
みなさん、どうぞよろしくお願い申し上げます。
空手で元気力を発電する皆様を紹介させて頂きます!
私、不動武のレポートに、有名無名、老若男女、勝敗、関係ありません!
「まっすぐまじめそして熱い」
それがこのチャンネルのすべてです!
真面目さこそ!真剣さこそ!本物のドラマを生むのです!
また、みなさんの大会へ、みなさんの道場へお邪魔します!
大会会場や道場で見かけたら仲良くして下さいね!

Karate Super Channel
写真・文章/不動武
このサイトKarate Super Channelに関する著作権等の知的財産は総て不動武が保有しております



ページトップ