FC2ブログ

記事一覧

Karate Super Channel 正道全日本大会から 伊藤蓮他

このブログは進化するブログ、つねに作りかけです!
どんどん増補改訂して行きます!
写真もバンバン増やします!

大会入賞者や強豪選手はもとより、少年部、魅力ある選手、空手を応援する方々を載せていきます。

Karate Super Channel
By Kenji Nogi


中量級 表彰



進化するブログ!

All about 
Say!Do!正道会館


第14回ウエイト制オープントーナメントを中心として、正道空手に生きる男たちの姿を語る。
全日本空手道選手権大会2016
2016年9月4日 エディオンアリーナ大阪で開催さる。
その全日本大会を中心に。正道カラテの魅力に迫っていく!

進化する正道カラテ、極真会館に源を持ち、独自の現実的合理的な路線で勝つための空手、倒すための空手を標ぼうしてきた正道会館。
今、伊藤蓮、山田洸誓、谷川聖哉らが、充実した実力で輝き見せる正道会館。
谷川聖哉は本年の極真会館主催全日本大会において、フルコンタクトカラテ最高峰とも言える極真世界大会3位のカパナーゼを撃破、本年の優勝者鎌田翔平と闘って全日本7位に入賞し、伊藤蓮はWKOに急遽出場してベスト16に輝いている。
まず、この選手達から試合後の言葉を聞いてみよう。




中量級優勝 伊藤蓮


伊藤 蓮
伊藤 決勝1
勢いのある決勝戦を展開した伊藤蓮。序盤の試合はエネルギーをセーブした戦い方だった。


先ずは正道会館の全日本を制したという結果を率直に嬉しく思います。また、優勝した事により見える世界が変わり課題というより使命が増えたという気がします。
対策としてはあえて何も考えずありのままの自分を見ていただきたいという思いでした。いつもみたいに突進ではなく打撃で闘いたかったので。まぁイメージでは直球勝負って感じですかね。
今回の正道会館の優勝は1番欲しいタイトルではありましたが僕の野望の一つでしかありません。
僕の野望は全てのタイトルを取ることです。アウエーだからとかそんな言い訳しません。
まぁアウエーだから勝ちにくいのであれば全部1本を取ればいいだけの話ですからね。
これからは正道の王者として王者らしい試合をします。
伊藤 決勝2
伊藤 決勝3
児高選手との闘いは若さのエネルギーに乗った伊藤の勝利だった。
児高が最後まで自分のペースで乗り切ったことも武道として間違いのない闘い方である


伊藤 決勝4
勝利とともに涙。伊藤蓮として生き、伊藤蓮として闘い、伊藤蓮として勝った。

中量級の見どころ

序盤戦
小野晃弘(総本部)が登場。21歳、身長181センチで82キロ。
バランスのとれた体型で技に力がある。
右ローキックを中心に組み立て、崩しを織り交ぜて、田中伸治(北九州)に判定で勝つ。
強い突きを持つ関義人(大分南)も鴨井祥郎(埼玉)に判定勝ち。
上村聖弥(神戸)が工藤健太郎(埼玉)を下段蹴りで崩し切る。
上村の成長は疑うべくもなく、将来を期待させる。
工藤はまさに長年の疲れ、古傷を痛めたかのような試合ぶりが印象に残る。
互いに見事である。
実力者児髙啓太(北九州)はカラム・ブラック(東京本部)に安定した勝利。

村上祐太(岡村道場)が登場。21歳で空手歴が17年になるというキャリアの持ち主。
正道会館の地方大会などでも活躍している。独特のリズムを持ったユニークな選手である。
鹿島昭男(宮崎)に延長戦で4対0の判定で勝利。

貴堂実(北海道本部)対荒井凌(埼玉)は延長戦3対0で貴堂実が勝利。
宮崎の鉄人、黒木桂悟(宮崎)が山崎択実を抑えて勝利。
優勝の鍵を握る伊藤蓮(総本部)は優勝を見据えて省エネスタート。

準々決勝
小野が関に対して、上段回し蹴りで技ありをとり、5対0の判定勝ち。
小野は体格にも恵まれ、技に力がある。
将来的には十分に優勝の可能性のある選手。

児髙が上村聖弥に突きからロー、膝のオーソドックスな戦法で判定勝ち。

村上(岡村道場)が積極的な攻めに出るが今一、貴堂を攻めきれない。
延長戦、村上の執拗な攻めで5対0で村上が準決勝進出。

優勝候補の伊藤蓮(総本部)と宮崎の鉄人黒木桂悟(宮崎)の対戦。
黒木はキャリアのある選手で熟練の技も持つ。
今大会は伊藤蓮が試合終了間際に上段の膝蹴りを黒木に決めて技あり。



小野 晃弘

8 小野 - 圧縮
28 小野 児高
27 小野 児髙
小野晃弘もまたこれからの選手、円形ポジショニングからの蹴りは威力がある。
身長もあり修練しだいで全日本王座に手が届く選手である。strong>

まず試合前からのテーマとして掲げていたのが 戦いを楽しむことでした。 これまで、勝ちたいという気持ちが空回りすることが多々あったので リラックスして楽しむことを意識しました。 普段の稽古での動きが試合で出せれば 勝てるという自信もありました。 私は上段の蹴りを得意としている為、 チャンスがあれば上段の蹴りで倒したいとも考えていました。

一回戦はサウスポーの選手だったので とっさの判断で奥足へのローキックで攻めることを決めました。 準準決勝の関選手はパンチが本当に強かったです。
想像はしていましたが、想像を遥かに上回る威力でした。 案の定序盤に受けたパンチで胸骨を骨折してしまいました。 私は気が強いので部が悪いと思いながらも 熱くなってしまい、打ち合いにいってしまう癖があるので 今回はそこに気をつけて上段蹴りのタイミングをうかがっていました。 結果的に左ハイキックで倒すことができました。 関選手はとても打たれ強い選手で 倒れているところを見たことがなかったので 正直自分でも驚きました。

準決勝の児高選手もパンチの選手なので 足を使って距離をとり、前蹴りで離す、自分の距離で戦うことをイメージして臨みましたが 思いの外追いかけてこられ、捕まってしまいました。 胸を打たれることは覚悟して臨みましたが 的確に打つ児高選手のパンチは凄かったです


29 伊藤 村上

31 伊藤 村上
村上祐太(岡村道場)
21歳で空手歴17年という村上祐太。粘りと柔軟性を持つ独特の組手をする。
私(能城/のぎ)は正道会館全関西の大会などで村上選手の試合を見ていて不思議に思っていたことがある。
彼は試合中に時々、「ニヤッ」とか「プッ」と笑うのである。
今回、その理由を村上選手に尋ねたところ、やはり笑いながら「面白いことがあったからです」と答えてくれた。


続く・・・・・・・


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dynamite150t

Author:dynamite150t
FC2ブログへようこそ!