FC2ブログ

記事一覧

教育 宮本武蔵と暴走族のタケル君

吉川英治の「宮本武蔵」にこんなシーンがある。
ありあまる腕力で暴力を働いた若き日の宮本武蔵は沢庵和尚の叡知に捉えられ、千年杉に吊るされる。
沢庵は諭す。
「お前のそのエライ腕力を国のためとまで言わんが、せめて他人のために使ってみんか?
国はおろか、天も神様も動くぞ、言うまでもなく人もね」
私はここにすべてのヒントがあると思う。
先日、近くの公園へ行ったら、ベンチが鳩の糞にまみれて汚いかった。
私が掃除すれば良いんだ。(この時はできなかった、ごめんなさい)
本当に世の中を良くする気ならできる。
何も「市の公園管理課は(怒)!」なんて言ったり、公園の汚い市の市長を落選させるまでもない。
手の届くところから世の中を良くして行きましょう。神様は手の届く届くところにいてはる。
九州で松本百合子先生が導いた暴走族のタケル君は、松本先生に背中を蹴り飛ばされて、行ったニューヨークで、ドメスティックバイオレンスの被害者の子供たちを護るシェルターの実態を見て、自分もシェルターになろうとした。
悪さばかりしてたタケル君の中にも神様がいてはった。世の中を良くする神様は自分。みんなでがんばりましょう。
松本百合子先生、沢庵和尚ですね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dynamite150t

Author:dynamite150t
FC2ブログへようこそ!