FC2ブログ

記事一覧

空手仙人岸信行 苦しみ 幸せの準備  不動武

 俺は山形の最上って所でうまれたんだけど、実家は貧乏でね。貧しい村だったけれども、家に風呂がないのは俺の家ぐらいだったね。
もう子供の頃から働いて、まぁ、
「勉強する暇があったら働け」
というぐらいの家だったね。
雪道、泥道を荷物を山ほどのせたリヤカーを引っ張る。夜の炭焼き、新聞配達、薪集め、藁縄作り、土建作業、真冬の雪掻き、屋根からの雪降ろし。
色々とやってね。夏休み、冬休み、春休みはばっちり長期バイトだよ。
稼いだ金は家の生活費だから、俺は使えない。
親父は強い、恐い、厳しいで鳴り響いていた男だったからね。
俺も厳しくされた。
「こんな生活、いつまで続くんだ?」
と子供心に暗くなったよ。
二十歳を過ぎて、空手をやりたくて、家出して、働きながら、極真会館に入門して、間もなくだったね。
大山館長が
「君、仕事やめて、私の内弟子になれ、一日24時間、空手だけやりなさい。生活の面倒は私がみる。」
と言って下さった。
当時の極真は厳しくて、500人に1人しか黒帯になれなかった。
内弟子の稽古では、塩の固まりを持参して稽古した。口に塩を入れないと、汗で塩分が出すぎて倒れるんだ。
それでも、俺は二年間で黒帯が許された。
理由は二十歳迄の苦しい貧しい生活と厳しくて恐い親だよ。これが空手を始めるための前行だったね。
偶然とは思わない。
天の計らいだね。
人生を長い目で見ると、
「あの苦しみはこの幸せのための鍛練だったのか?」
ってことがある。
今が苦しくても悲観することはない。
今が楽な方がずっと恐い。
苦しみの中には希望と夢が隠れているよ。
所謂、天というのは、いつも、すべての人を育てようとしている。
失望することは天に失礼だよ。
(聞き書き 不動武)

スポンサーサイト



コメント

1. こんにちは★

色んな所から飛んできちゃいました☆彡記事の表現は人それぞれ違う物で面白いですな!勉強になります。それでは、また覗きにきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dynamite150t

Author:dynamite150t
FC2ブログへようこそ!