FC2ブログ

記事一覧

私見 空手家 事業家 大山倍達総裁の偉大さ 雇用層創出 武道教育の創出  不動武

 社会に甚だしく貢献することのひとつに「雇用層創出」ということがある。簡単に言えば、「企業を産み出す」ということである。
極真空手の創始者である大山倍達氏は企業どころか、産業そのものを産み出してしまった。
フルコンタクトカラテ産業である。
大山倍達先生の存在がなければこれだけ多くの人々がフルコンタクトカラテを教え、またそれに付随する武道具の製造販売などで生活するということはなかった。
大山倍達先生は実戦空手を提唱した。だが、私は実戦空手と、今日のフルコンタクトカラテは若干意味合いの違うものだと思っている。
大山倍達先生は実戦空手を競技化して今日のフルコンタクトカラテルールを作った。
ルールの二つの大きな柱は、「顔を叩かないこと」と「防具を用いないこと」である。これによって、愛好者が爆発的に増えた。更に子供達には頭部、金的などを守る防具を用いさせることで、立派な「武道教育スポーツ」となった。
これは「空手の実戦性」や「護身術」としての有効性とはまた違う問題である。
語弊を怖れずに言えば、命のやり取りを意味する空手を目指せば、これほど全体的な競技とすることは出来ない。
これら、競技化されたフルコンタクトトーナメントは特に正道会館によって、「ジュニアフェス」、「ジュニアバトル」として、小学生、中学生が勉強をしながら、無理なく参加できるフルコンタクトトーナメントを誕生させている。
私は無論、ライターをしてきて、岸信行先生らが求める実戦武術空手の凄さも、プロが活躍するK―1、総合格闘技という分野の壮絶さも知っている。そして、それは誰にも出来ることではない。
だからこそ、誰でも出来る「武道教育」、「武道性スポーツ」としてのフルコンタクトカラテの社会的意義の大きさも否定できないのである。
「顔を叩けば実戦的」の世界ではなく、「顔を叩かないから万民の教育足り得る」という世界である。
この意味でもこのスタイルの大半を作り上げた大山倍達先生の事業家としての偉大さは否定できない。
また「掴み合いを認めないルール」は空手の本来の姿を守ると共に、体格がそう大きくない東洋人と巨体の多い欧米人が競技できる広さをそなえたものとも言える。私見ではあろうが、大山倍達先生はやはり天才であろう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dynamite150t

Author:dynamite150t
FC2ブログへようこそ!